ホビークラフト・レポート

ガンプラ中心にホビーの紹介をするブログ

30MM 1/144 bEXM-15 ポルタノヴァ レビュー

f:id:h0bbyt0yman:20190726163457j:plain

 

前回30MMのアルトをレビューしました、その続編ということで今回は30 MINUTES MISSIONS2機目のキット「ポルタノヴァ」をレビューしていきます。

「ポルタノヴァ」=「Porta nova」=「新しい扉」という意味らしいです。

 

 

bEXM-15 ポルタノヴァ レビュー

今回も結構シンプル箱

f:id:h0bbyt0yman:20190726161813j:plain

ボックスアート

色はグリーン、ダ-クグレー、レッド、の3色展開(ブルー、イエロー、ホワイトが後日発売)今回はグリーンを購入しました。

ランナー

f:id:h0bbyt0yman:20190726161152j:plain

ランナー一覧

ランナー数は3枚+ポリキャップ、ナンバーシールが付属。以前レビューしたアルト同様に上から順に組んでいけばOKな親切ランナーです。

f:id:h0bbyt0yman:20190726161117j:plain

親切な説明書で初心者にもやさしいです

ちなみに今回は20分ほどで組めました。

フロントビュー

曲線の多いデザインとモノアイの量産機です。

f:id:h0bbyt0yman:20190726161210j:plain

ポルタノヴァ フロントビュー

イメージ的には敵側の量産機っぽいですね。なんとなくザクよりデスアーミーに似てる気がします。

アルトと並べるとこんな感じ。

f:id:h0bbyt0yman:20190726161214j:plain

アルト&ポルタノヴァ

直線が多いアルトと曲線が多いポルタノヴァで対照的な2機となっています。

リアビュー

バックパック形状がアルトと異なるものになっています。

f:id:h0bbyt0yman:20190726161144j:plain

ポルタノヴァ リアビュー

すねの部分はアーマーがなくフレーム?むき出しのデザインとなっています。シリンダーなど結構細かいディティールが入っています。

武器類

今回もアルトの時と同じように最小限

f:id:h0bbyt0yman:20190726161131j:plain

新規ライフルとナックルガード?

ライフルとナックルですがアルトの時と違う形のものになっています。ライフルはエネルギー兵器っぽく、ナックルは小盾のような形になっています。

支援メカ「ロイロイ」は今回も付いてます。名前は一緒ですがポルタノヴァに合わせて丸みを帯びた形状に変わっています。

可動域

アルトの時と同様ポルタノヴァも可動良好な感じです。

 

ヘルメットが結構大きいですが特に干渉なども無く可動できます

f:id:h0bbyt0yman:20190726161211j:plain

首可動域

アーマーは腕に追従して動きます。前後に引き出すことも可能で大きな可動域を実現しています。

f:id:h0bbyt0yman:20190726161154j:plain

肩可動域

一軸ながら大きな可動域の肘

f:id:h0bbyt0yman:20190726162534j:plain

肘可動域

 腰もアルトと同様、前屈と左右に傾けることができます。あんまりにも前屈すると腰が外れます。

f:id:h0bbyt0yman:20190726161208j:plain

腰の2重関節

 膝立ちも楽々出来ます

f:id:h0bbyt0yman:20190726161138j:plain

股関節も独立して引き出し可能

 

手は今回も握り手一つ。平手とかが欲しいところではあります

 

その他注目ポイント

塗装や改造が簡単な後ハメ可能な関節

 

f:id:h0bbyt0yman:20190726161207j:plain

分解図

前回アルトの写真を撮っていて気付いたことですが、武器の保持は差し込むだけとなっています。ガンプラなどによくある手甲の取り外しなどなしでOKで、持ち替えがすごく簡単です。



ジョイント用の穴の位置がアルトとは少し違っています。

 

f:id:h0bbyt0yman:20190726161155j:plain

胸部、バックパック、腰部ジョイント

f:id:h0bbyt0yman:20190726161150j:plain

肩部、腕部、脚部ジョイント

多少無理やりですがポルタノヴァにアルト用の拡張パーツも付けられます。

f:id:h0bbyt0yman:20190726161139j:plain

一部アルト用のパーツが装備できます。

 アルトとのパーツ交換可能、現状アルト3色×ポルタノヴァ3色×角オプションパーツ2色なので結構組み合わせの幅は広いと思います。

f:id:h0bbyt0yman:20190726161110j:plain

部位ごとに交換可能

 

アクションポーズ

f:id:h0bbyt0yman:20190726161115j:plain

 

f:id:h0bbyt0yman:20190726161135j:plain

 

f:id:h0bbyt0yman:20190726161126j:plain

 

f:id:h0bbyt0yman:20190726161118j:plain

 

f:id:h0bbyt0yman:20190726161130j:plain

 

f:id:h0bbyt0yman:20190726161142j:plain

 

まとめ

良かった点

30MM2機目の機体で遊びの幅が広がった

  • 可動域がすごい
  • 安い
  • 組み立てが簡単

悪かった点

  •  微妙に腰関節が外れやすい

30MMも2機目となってカスタマイズの幅も増えてきました。機体やオプションが増えれば増えるほど同一フレームである強みが出てくるなぁと感じます。

その他30MMの記事

30 MINUTES MISSIONS カテゴリーの記事一覧 - ホビークラフト・レポート